小学受験は情報収集で明暗が分かれる

更新情報

小学受験にはどのような塾が良いか

塾選びは慎重に 小学受験をするなら、自宅で勉強をするよりも塾に通ったほうが良いです。自宅ではどうしてもモチベーショ…

もっと知ろう

小学受験は子供の将来に役立つ

小学受験にかかる費用 日本では敬遠されがちな小学受験ですが、子供を早いうちに私立学校へ入学させておくと、子供にとっ…

もっと知ろう

小学受験は情報収集で明暗が分かれる

志望校への説明会 他の受験生との競争になる小学受験は、他の時期の受験と比べて、志望校に関する情報収集がキーになりま…

もっと知ろう

最新記事一覧

2017年08月07日
小学受験は子供の将来に役立つを更新。
2017年08月07日
小学受験は情報収集で明暗が分かれるを更新。
2017年08月07日
小学受験にはどのような塾が良いかを更新。
2017年08月07日
小学受験に必要なことについてを更新。

カレンダー

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

志望校への説明会

他の受験生との競争になる小学受験は、他の時期の受験と比べて、志望校に関する情報収集がキーになります。ようやく自分の言葉で話せるようになってきた年齢の子どもに、複雑な対応をさせることは難しいので、親が率先して情報収集と受験までの勉強プランを考えていく話です。
我が子にどの学校が向いているのかを見極めることも重要だから、経験豊富な受験のプロがいる小学受験用の塾に相談しましょう。志望校の絞り込みが早ければ早いほど有利になり、志望校の説明会への参加や、塾の担当者との打ち合わせによって、その学校に特化した受験対策を実施できます。
小学受験にかかるコストと難易度を具体的に知ることで、受験させるかどうかを夫婦で再検討する機会も設けられます。独自の教育方針がある私立の受験では、その校風にマッチングする家庭の子どもを高く評価するため、自分の子どもの気質とミスマッチになる学校を避けるだけで大幅に合格する可能性を高められるのです。
小学受験の面接では夫婦の仲についてもチェックされるから、夫婦間で子どもの教育や家庭としての在り方をよく話し合っておくことも大切になります。最新の情報をいち早くキャッチできてこそ、家族の絆が問われる小学受験を無事に突破できる可能性が生まれます。

まだあまり一般的ではない

中学受験であれば、東京などを中心に首都圏ではわりと一般的なことともなってきましたが、小学受験となると、まだまだあまり一般的とは言えません。それには、金銭的だけなことではない親の負担大きいということもあるのではないでしょうか。例えば、国立の小学校などであれば大きな金銭的負担はないと言えるでしょう。
しかし、私立と国立どちらにしても近くに受験して通うことができる小学校がある地域は限られています。最初のうちは登下校のサポートが必ず必要になります。また、自宅近くに学校がないことから学校での仕事なども親の負担感は大きなものになります。
また、受験に関しても同じです。中学受験であれば、子供の自主性によるものも可能と言えば可能な年齢に入ってきますが、小学校受験は完全に親主導で行わなければなりません。その役割を担うことができるのは多くは母親となるのでしょうか、まず仕事との両立は非常に難しいのです。
これらがあって、小学校受験を断念する人も多いのではないでしょうか。小学校受験をするならば、夫婦どちらかは少なくとっも高学年かその卒業の間までは仕事ができないというぐらいの覚悟が必要になってしまうのが現状だと言えそうです。