小学受験に必要なことについて

更新情報

小学受験は情報収集で明暗が分かれる

志望校への説明会 他の受験生との競争になる小学受験は、他の時期の受験と比べて、志望校に関する情報収集がキーになりま…

もっと知ろう

小学受験にはどのような塾が良いか

塾選びは慎重に 小学受験をするなら、自宅で勉強をするよりも塾に通ったほうが良いです。自宅ではどうしてもモチベーショ…

もっと知ろう

小学受験は子供の将来に役立つ

小学受験にかかる費用 日本では敬遠されがちな小学受験ですが、子供を早いうちに私立学校へ入学させておくと、子供にとっ…

もっと知ろう

最新記事一覧

2017年08月07日
小学受験は子供の将来に役立つを更新。
2017年08月07日
小学受験は情報収集で明暗が分かれるを更新。
2017年08月07日
小学受験にはどのような塾が良いかを更新。
2017年08月07日
小学受験に必要なことについてを更新。

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

合格の秘訣は社交的であること

小学受験に必要なのは子供の学力もありますが、他にも社交的に育っているかや行動力があるかなどを審査され、受験に合格するかどうかが決まります。子供は何もわからずただ勉強するだけということでは合格はしないでしょう。ある程度受験する目的などを伝え、自ら取り組むことができるようになっていなければ合格は難しいと言えます。
それに子供の行動にも合格に関わってくるものがありますので、知識の他にも基本的な日常生活のことを学習させるといい結果を待つことができるでしょう。子供本人の努力も必要ですが、ご両親の努力も必要です。審査にはご両親も含めた面接もありますので、落ち着いた雰囲気でいつもと変わらない姿勢で臨むといいでしょう。いつもとは違う雰囲気だと子供に影響が出てしまうため、なるべく作らないで審査員の方に接すといい結果が期待できます。
審査員の方はほとんどの場合が子供の行動や表情で審査をしていますので、お子さんに何らかの影響が出た場合は合格することができない可能性も出てきます。日頃と変わらない行動や表現ができるように、ご両親も環境を作ってあげることが大切だと言えます。知識よりも発想力や行動力が評価基準となっている場合もありますので、あらゆる分野で子供の成長を伸ばしていくといい結果に繋がることでしょう。

内部進学ができます

小学受験は試験に合格して一度入学してしまえば、学力不振や素行不良などのよほどの問題がない限り、内部進学できるという大きなメリットがあります。しかし、小学受験をするためには、幼い頃から勉強しなければならず、必ずしもメリットばかりではありません。特に首都圏の小学校の受験は競争率が激しく、受験戦争に勝ち抜かなければなりません。
小学受験にはペーパーテストや行動観察、保護者と児童との面接などの試験があります。それらの試験に合格するために、ほとんどの家庭が子供を受験専門の幼児教室に通わせています。幼児教室に入るためにテストがあるところもあります。幼い時から遊べず、勉強しなければならない子供にも大きなストレスがかかります。
また、親も幼児教室の送り迎えや自宅での学習などで神経を使わなければならないことが多く、大変です。小学受験のために、親も子も相当なエネルギーが必要です。幼い頃から勉強中心の生活になってしまうと、子供の創造性や人間性、感受性などを培うことが難しくなってきます。小学受験にはメリットもありますが、このようなデメリットもあるということをよく理解して、自分の子供に小学受験が必要なのかどうか、見極めなければなりません。